fc2ブログ

熊野ロマンチックエリア

野鳥観察がメインで、昆虫と山野草もね。

Top Page › 映画   音楽 › 昭和は遠くなりけり 島津ゆたか『ホテル』
2022-03-09 (Wed)  20:00

昭和は遠くなりけり 島津ゆたか『ホテル』



島津ゆたかと言えば『ホテル』、『ホテル』と言えば島津ゆたかと言われるほどです。

この『ホテル』は立花淳一さんが最初にヒットさせて、ついで森本英世さんと島津ゆたかさんが歌い競作となりました。

3人ともにかなりのヒットとなりましたが、なかでも島津ゆたかさんの『ホテル』が競作のトップを走り、昭和60年(1985年)に日本有線大賞の「有線音楽賞」を受賞しています。

当時38歳の全盛期の島津ゆたかさんの『ホテル』をお聞きくださいませ。


「手紙を出したら叱られる」や「あなたの黒い電話帳」など、携帯電話のない時代らしい歌詞ですね。^ ^



こちらは昨年のテレビ「追悼 なかにし礼 歌の世界」に出演した森本英世さんが歌った『ホテル』です。



島津ゆたかさんが活躍なさっていたら、当然出演されたことでしょうが、惜しくも10年前に他界されていますので、お元気で活動なさっている森本さんが出演したのです。

森本英世さんは歌唱力の高さでは島津ゆたかさんにひけを取りませんが、この『ホテル』に関しては島津ゆたかさんに軍配が上がるでしょうね。

島津さんは道ならぬ悲恋の女の悲しい情念を、見事に歌い上げていますから…。

ただ、好みがありますので、あなたなら島津さんと森本さんのどちらの『ホテル』がお好きでしょうか。^ ^

そうそう、森本さんと島津さんはほぼ同年代で、2歳若い森本さんは今年72歳になりますが、お元気で活動なさっているのはファンとして嬉しい限りです。




関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-02-10

Comment







管理者にだけ表示を許可