fc2ブログ

熊野ロマンチックエリア

野鳥観察がメインで、昆虫と山野草もね。

Top Page › 鱗翅目 › ヤママユの繭 繊維のダイヤモンドだよ~
2010-08-31 (Tue)  08:49

ヤママユの繭 繊維のダイヤモンドだよ~


田辺市秋津川 大沢 2010.8.28

「あっ、これは…」。

虎が峰へ向かう旧道に入って散策していたときです。目線より少し上にぶら下がっているものに目が釘付けになりました。

ヤママユの「繭(まゆ)」です。長さは5センチ近くあるでしょうか。

以前から、この繭を自然の中で見つけたいと思っていました。成虫は何度も見たり撮ったりしています。


ヤママユはヤママユガ科の大人の手ほどもある大きなガで、北海道を除いてほぼ全国に生息しているそうです。8月から9月にかけて羽化するようですね。

ヤママユは天蚕(てんさん)といって、このガが紡ぎ出す糸は黄緑色に輝き、繊維のダイヤモンドと言われるほど美しく、高価なものらしいです。



ぶら下がっている繭を少し回りこんで見ると、やはりぽっかりと穴が…。すでに中にあったサナギが羽化して出たあとです。少し色褪せているところから察して、多分、一年くらい前に羽化したあとの繭でしょうね。新しい繭なら、もっと美しい緑色をしているでしょうし、二・三枚の葉が(繭を)包むようにくっついているそうです。

それでも、僕はヤママユの繭が見られてとても嬉しかったです。


五歳くらいまでの僕は虚弱児で、頻繁に気管支炎を患い、何度も重篤な肺炎になりそうだったとか。当時は健康保険などありませんし、特効薬の抗生物質は輸入物でとても高価だったそうです。両親には経済的にも精神的にも大変な苦労をかけてしまったことでしょう。それを想うと今も胸にこみ上げて来るものがあります。

母はそんな僕にヤママユの繭を煎じて飲ませてくれました。今でもその香りと味の記憶がおぼろげに残っています。飲み難いものではなかったです。どんな薬効があったのか今となっては判然としませんが、きっと呼吸器官が丈夫になることを祈ってのことだったのでしょう。

そんな思い出があるものですから、目の前にぶら下がっている繭を格別な思いで眺めましたよ。^ ^


☆彡 画像の右下隅の+をクリックして頂くと、ほぼ実物大に近い繭をご覧いただけます。


こちらで↓ヤママユの成虫をご覧下さいませ。

http://blogs.yahoo.co.jp/tynnm839/44680314.html

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by えみこちょ
蛾が苦手な私でも、ほんわかと優しい母の愛を感じて・・・ウルっとしました。

JUNさんのお母さんはほんとうに一生懸命JUNさんを慈しんで育てたんですね。そういう記憶はいつまでも残るもの・・・。
便利な世の中になり、私たちは大切なものを忘れてしまったのかな。

No title * by でぶねこ
繭の美しさより、JUNさんのお母さんの子供を思う気持ちのほうが美しいと思いました。
やさしいお母さんに育てられたJUNさんだからこそ、素敵な写真が撮れるのだと、思います。
心がほんわりしました~~~(^.^*)

No title * by Lucky PAL!
素晴らしいブログ 有難う! 有意義な一日を!

No title * by Jun ☆彡
えみこちょさん、病弱だっただけに母には苦労をかけてしまいました。はい、一所懸命に慈しんでくれましたよ。^ ^

母の恩は海よりも深し、ですね。

No title * by Jun ☆彡
ねこさん、あたたかなコメをありがとうございます。^ ^

嬉しいです。^ ^

No title * by Jun ☆彡
PALさん、ようこそいらっしゃいませ。コメありがとうね。(^_^)v

No title * by ☆mercian♪
わぁ~よく見つかりましたね~~繭すごいね
月日経ってもこんなにはっきり見えて~良かったですね
成虫今見てきました~~~
私も先日わけのわからい蝶?蛾見つけました
あなたならわかるでしょうね。。
☆キラりんっこ☆(⌒.-)=ポッチン☆

No title * by 胡蝶の夢
Junさんを育ててくれた繭は、お母様の愛の思い出が形になっているのですね。

大きな蛾は、作る繭も大きいのですね。
山繭の糸は、Junさんにとって、とりわけ美しい色なのではないかしら。

No title * by Jun ☆彡
胡蝶さん、美しいコメをありがとうね。(^_^)v

大きな繭でしょう。この繭には思いが深いものですから、つい長々と…。^ ^

No title * by Jun ☆彡
メルさん、ありがとうね。(^_^)v

せっかく名前をお教えしても、それがブログに反映しないのなら、張り合いがないねー。お教えするのが面倒になります。^ ^

No title * by よび
はじめまして。

仰るとおり大変高価な糸になりますので着物の本で何度か名前を見かけたことはあります。ですが、自然の中でのヤママユガの写真ははじめて見ました。虫好きの子供も喜んでおります。

お母様のお話、朝からほっこりとした気持ちにさせていただきました。ありがとうございます。

No title * by Jun ☆彡
ふわふわさん、ようこそいらっしゃいませ。

お子さんにもご覧いただけて、良かったです。^ ^

わざわざのコメをありがとうね。(^_^)v

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

蛾が苦手な私でも、ほんわかと優しい母の愛を感じて・・・ウルっとしました。

JUNさんのお母さんはほんとうに一生懸命JUNさんを慈しんで育てたんですね。そういう記憶はいつまでも残るもの・・・。
便利な世の中になり、私たちは大切なものを忘れてしまったのかな。
2010-08-31-08:59 * えみこちょ [ 編集 * 投稿 ]

No title

繭の美しさより、JUNさんのお母さんの子供を思う気持ちのほうが美しいと思いました。
やさしいお母さんに育てられたJUNさんだからこそ、素敵な写真が撮れるのだと、思います。
心がほんわりしました~~~(^.^*)
2010-08-31-09:56 * でぶねこ [ 編集 * 投稿 ]

No title

素晴らしいブログ 有難う! 有意義な一日を!
2010-08-31-11:31 * Lucky PAL! [ 編集 * 投稿 ]

No title

えみこちょさん、病弱だっただけに母には苦労をかけてしまいました。はい、一所懸命に慈しんでくれましたよ。^ ^

母の恩は海よりも深し、ですね。
2010-08-31-20:52 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ねこさん、あたたかなコメをありがとうございます。^ ^

嬉しいです。^ ^
2010-08-31-20:54 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

PALさん、ようこそいらっしゃいませ。コメありがとうね。(^_^)v
2010-08-31-20:55 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

わぁ~よく見つかりましたね~~繭すごいね
月日経ってもこんなにはっきり見えて~良かったですね
成虫今見てきました~~~
私も先日わけのわからい蝶?蛾見つけました
あなたならわかるでしょうね。。
☆キラりんっこ☆(⌒.-)=ポッチン☆
2010-08-31-22:17 * ☆mercian♪ [ 編集 * 投稿 ]

No title

Junさんを育ててくれた繭は、お母様の愛の思い出が形になっているのですね。

大きな蛾は、作る繭も大きいのですね。
山繭の糸は、Junさんにとって、とりわけ美しい色なのではないかしら。
2010-09-01-07:53 * 胡蝶の夢 [ 編集 * 投稿 ]

No title

胡蝶さん、美しいコメをありがとうね。(^_^)v

大きな繭でしょう。この繭には思いが深いものですから、つい長々と…。^ ^
2010-09-01-20:06 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

メルさん、ありがとうね。(^_^)v

せっかく名前をお教えしても、それがブログに反映しないのなら、張り合いがないねー。お教えするのが面倒になります。^ ^
2010-09-02-07:26 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

はじめまして。

仰るとおり大変高価な糸になりますので着物の本で何度か名前を見かけたことはあります。ですが、自然の中でのヤママユガの写真ははじめて見ました。虫好きの子供も喜んでおります。

お母様のお話、朝からほっこりとした気持ちにさせていただきました。ありがとうございます。
2010-09-05-09:31 * よび [ 編集 * 投稿 ]

No title

ふわふわさん、ようこそいらっしゃいませ。

お子さんにもご覧いただけて、良かったです。^ ^

わざわざのコメをありがとうね。(^_^)v
2010-09-05-21:49 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]