fc2ブログ

熊野ロマンチックエリア

野鳥観察がメインで、昆虫と山野草もね。

Top Page › KRA 野鳥 › ヒドリガモ あ~、飛べないんだね
2010-05-29 (Sat)  21:13

ヒドリガモ あ~、飛べないんだね


田辺市会津川 2010.5.28

奇絶峡からの帰り道、会津川の下流域を通りかかったときです。

川の中洲のアシの陰で休んでるヒドリガモのペアを見かけました。

ヒドリガモは冬鳥ですが、他のカモの仲間がさっさと繁殖地へ旅立った後も、わりとのんびりと遅くまで居残っていることが少なくないのです。

それにしたって、いくらなんでも今頃まで居るなんてと思って様子を見ていると、意外なことが分かりました。


左の地味な方がメスですが、左翼の風切羽根が変なんです。三列風切しか見られません。本当はその先にちゃんとある筈の風切羽根がないのです。天敵に襲われてもぎ取られたのでしょうか。かわいそうに、これでは飛ぶことはできません。

一方の右側のオスですが、翼など外見は何も異常はないようですが、やはりどこか痛めているのかも知れません。

どちらも旅立ちをあきらめて、やむなくここで二羽寄り添って過ごしているのでしょう。


いずれ梅雨になって川が増水したり、暑い暑い夏が来ます。

過酷な運命に負けることなく、二羽とも無事に秋まで生き延びることができるよう、祈らずにはいられませんでした。



元気なペアは、こちらで↓ご覧いただけます。

http://blogs.yahoo.co.jp/tynnm839/40550174.html

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by モス
JUNさん!うん!鳥の世界も過酷ですね
ペアーはご夫婦かな?ポチ☆
もしかして・・雌の危険を助けたのかな???

No title * by えみこちょ
メスが飛べないので、オスは北へ帰らないのかしら・・・?
この2羽にどんなドラマがあるのでしょう。
口がきけたら聞いてみたいです。

No title * by CASSANDRA
そんなこともあるのですね。
どんな事情かわからないけれど、無事に夏を乗り越えてくれるといいですね・・・。

No title * by Jun ☆彡
モスさん、ありがとうね。(^_^)v

どうなんでしょうか。野生動物ですから、雌に同情してとは考えられませんけどね。

No title * by Jun ☆彡
えみこちょさん、このメスはこの先大変だと思います。オスはどうしたんでしようね。

No title * by Jun ☆彡
CASSANDRAさん、野鳥が持っている知恵で乗り切れるでしょうかね。過酷なものです。

No title * by ☆mercian♪
わぁ~~なんって可哀想な~読んでるうちに涙が~^^;
でも1羽より2羽毛色は違っても仲良く
寄り添って頑張って欲しいですね
じゅんさんの優しさ見える記事に一層涙が零れちゃいました~

No title * by Jun ☆彡
メルさん、えぇ、なんて過酷な運命でしょうかねー。可哀相すぎるよね。

No title * by sakaku
昨年は中海でもスズガモとコガモが夏に残ってましたね。
29日に地元の中海を覗いてみたら、キンクロハジロが26羽いました。
まさか居残るようなことはないと思いますが、驚いたです。

No title * by Konnichiha
可哀想なお話で、写真を見ているのもつらいです。でも自然のおきてなのですね。蛇や猫にねらわれないといいのですが、、、

No title * by Jun ☆彡
sakakuさん、そんなにたくさんねー。居残るかもしれませんよ。各地で増えているようです。^ ^

No title * by Jun ☆彡
さいださんは少し生物音痴かな。^ ^

水辺のカモだから、小鳥のように蛇や猫の心配はないね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

JUNさん!うん!鳥の世界も過酷ですね
ペアーはご夫婦かな?ポチ☆
もしかして・・雌の危険を助けたのかな???
2010-05-30-06:41 * モス [ 編集 * 投稿 ]

No title

メスが飛べないので、オスは北へ帰らないのかしら・・・?
この2羽にどんなドラマがあるのでしょう。
口がきけたら聞いてみたいです。
2010-05-30-07:18 * えみこちょ [ 編集 * 投稿 ]

No title

そんなこともあるのですね。
どんな事情かわからないけれど、無事に夏を乗り越えてくれるといいですね・・・。
2010-05-30-09:18 * CASSANDRA [ 編集 * 投稿 ]

No title

モスさん、ありがとうね。(^_^)v

どうなんでしょうか。野生動物ですから、雌に同情してとは考えられませんけどね。
2010-05-30-21:08 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

えみこちょさん、このメスはこの先大変だと思います。オスはどうしたんでしようね。
2010-05-30-21:09 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

CASSANDRAさん、野鳥が持っている知恵で乗り切れるでしょうかね。過酷なものです。
2010-05-30-21:10 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

わぁ~~なんって可哀想な~読んでるうちに涙が~^^;
でも1羽より2羽毛色は違っても仲良く
寄り添って頑張って欲しいですね
じゅんさんの優しさ見える記事に一層涙が零れちゃいました~
2010-05-31-13:47 * ☆mercian♪ [ 編集 * 投稿 ]

No title

メルさん、えぇ、なんて過酷な運命でしょうかねー。可哀相すぎるよね。
2010-05-31-21:26 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

昨年は中海でもスズガモとコガモが夏に残ってましたね。
29日に地元の中海を覗いてみたら、キンクロハジロが26羽いました。
まさか居残るようなことはないと思いますが、驚いたです。
2010-05-31-22:10 * sakaku [ 編集 * 投稿 ]

No title

可哀想なお話で、写真を見ているのもつらいです。でも自然のおきてなのですね。蛇や猫にねらわれないといいのですが、、、
2010-05-31-22:20 * Konnichiha [ 編集 * 投稿 ]

No title

sakakuさん、そんなにたくさんねー。居残るかもしれませんよ。各地で増えているようです。^ ^
2010-06-01-21:23 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

さいださんは少し生物音痴かな。^ ^

水辺のカモだから、小鳥のように蛇や猫の心配はないね。
2010-06-01-21:25 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]