FC2ブログ

熊野ロマンチックエリア

野鳥観察がメインで、昆虫と山野草もね。

Top Page › 映画 & 音楽 › 『最高の人生の見つけ方』 二人の名優の掛け合いが最高
2010-01-28 (Thu)  13:07

『最高の人生の見つけ方』 二人の名優の掛け合いが最高


.
.
☆ 一度きりの人生なら、華々しく生きようじゃないか。

大金持ちの豪腕実業家(ジャック・ニコルソン)と、勤勉実直な自動車修理工(モーガン・フリーマン)。一見接点のない二人が、ガン病棟の一室で出会った。余命を宣告された時、彼らが作ったもの---それは棺おけリスト。

棺おけに入る前にやっておきたいことを記したそのリストを携え、二人は生涯最後の冒険旅行に出掛ける。スカイダイビング? チェック。憧れのスーパーカーでレーストラックをぶっ飛ばす? チェック。ピラミッド見物? チェック。人生の喜びを味わい尽くす? チェック!

リストがひとつずつ実現していく中、望むものは何でも手に入れてきた男が、本当に欲しかったものとは?

家族のために夢をあきらめ続けてきた男が、最後に見つけた幸せとは?

ロブ・ライナー監督による鮮やかなタクトさばきの下、稀代の名優二人がニュアンス豊かに歌い上げる生の賛歌。

人生を悔いなく楽しく生きるのに、遅すぎることなど決してないというメッセージが心に響く、感動の物語。           -----<DVDのキャプション>より



このDVDビデオは昨年末に購入してから、もう十回くらい観たでしょうか。

実業家のエドワードと黒人で博学のカーターを演じている二人の名優の表情豊かな掛け合いが、何度見ても明るくて楽しいことこの上ないんです。

でも、毎日観ても飽きないくらい、この映画が好きなのは、単に映画そのものが気に入っていると言うだけでないのです。

五年前に死線をさまよって入院していた時、一緒だった二歳年上の友人の想い出と重なるからだと思います。

隣町の町会議員をしていた友人が手術の日、同室だった僕は手術の成功を祈って、Vサインで手術室へ運ばれる彼を見送ったのでした。彼は少し緊張したような、ちょっと照れたような表情で僕を見ながら部屋を出て行きました。その時の友人の顔は今もはっきり覚えています。

残念なことに、彼はその11ヵ月後に帰らぬ人になってしまいました。

スカッとした明るい笑顔の良い、親切な人でした。

思い出してあげることが、何よりも故人への供養になると何かで読んだことがあります。

四年経っても、彼のことを想い出さない日はありません。


もし、僕が余命を医師から宣告されたら、残された日々をどのように過ごすかな…。

この映画の彼らのように世界旅行に出ることはしない、それだけは確かですが、最後の日々も可能な限り、好きな野鳥観察を楽しく続けるでしょうね。


この映画はもしかしたら女性にはあまり共感できるところはないかもしれません。でも、男性にはぜひ一度鑑賞して頂ければと思います。


☆彡 画像クリックで大きな画像をご覧下さいませ。


そうそう、死期迫ったカーターと見舞いのエドワードが、リストの「死ぬほど笑う」を二人して最後に果たしたラスト間際のシーンも、とても印象的でした。

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-02

No title * by ☆mercian♪
[思い出してあげることが、何よりも故人への供養になる・・」っと
聞いて~今ほっとしたよな~~
みんなは私を~「もうほどほどにしないと~」っと言います
でも私にはそんな事できない~~何十年たっても私逝くまで~変わらない・・・私的な事書いて(*_ _)人ゴメンナサイ ・・・
ちょっと借りて観てみたいと~~

No title * by Jun ☆彡
メルさん、そうですか、ご覧になってみますか。^ ^

思い出し方が問題ですよ。
仏様が安心できるように明るく思い出してあげてな。そう思われるでしょ。^ ^

No title * by 胡蝶の夢
私も、ごく親しかった友人をふたり、亡くした経験があります。
私自身の人生にも影響した出来事だったので、あれから何年・・・と、ときどき数えていますよ。

世界の終わりが来るとしたら、不治の病に冒されたら、何度かそんなことを考えた事がありますが、結論は、慌てて何をするでもなく、家族と普通の生活をしながら、その日を迎えたい、ということでした。でもそのためには普段から、毎日をていねいに、すべてを慈しんで生きていることが大切ですよね。

No title * by Jun ☆彡
胡蝶さんもお友達を亡くしていたのですね。レクイエムの記事も覚えていますよ。

友人を想うと淋しいものですが、できるだけ明るく想い出してあげようと思います。

まったく仰るとおりかと、ご賛同いたします。^ ^
毎日を大切に生きていきたいと思いますね。^ ^

No title * by 碧
私も見ました。
いい映画でした。
JUNさんの思い出は切ない思い出ですね。

そう!きっと野山を黙々と満喫するのでしょうね^^

カーターが家族のために犠牲にしていたこと(愛しているから出来たことですが)を思うと・・・
夫もいろいろ我慢しているのだろう・と、気づかされた作品でした。

No title * by Jun ☆彡
碧さんもご覧になりましたか。^ ^
最近には珍しい良い映画でいろいろと考えさせられました。

そうですか、そんな風に思われたら、ご主人さんはお幸せですよ。^ ^

No title * by きたのこみち
これも観たかった映画です^^
でもまだ観ていないのでJUNさんの解説は読まないでおきます^^
こういう味わいのある方がいいのよくわかりますよ。でもわたしはいろんなのが見たいのもあって^^
いつか観たらまたおじゃましま~す♪

No title * by 紫桜
あ、私も観ましたよ。
父を亡くしてから、あまり経っていなかったので、切なかったです。
いい映画でしたね。。。♪

No title * by Jun ☆彡
こみちさん、では、ビデオレンタルででもご覧下さいね。^ ^

No title * by Jun ☆彡
紫桜さん、ご覧になってましたか。男同士の友情は楽しくもあり、時に深い悲しみの共有もありですね。^ ^

No title * by モス
JUNさん!いつもありがとう~
この映画は知ってましたが
DVDビデオを購入したのですか?

気に成っていたので・・
これから郵便局に行くのでレンタル探してこようかな

No title * by Jun ☆彡
モスさん、僕はお気に入りの映画はレンタルよりもDVDを購入することにしています。^ ^

レンタルできると良いですね。ぜひ、ご覧下さいませ。^ ^

No title * by 道
わたしは女性ですけど、この映画よかったです。トラバさせてくださいね。ぽち!

No title * by 道
すみません。トラバできませんでした!!よかったら、読んでくださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/sybhc579/trackback/1242928/59590892

No title * by Jun ☆彡
道さん、ようこそおこし下さいました。^ ^

この映画お気に召しましたか。^ ^

No title * by Jun ☆彡
道さん、トラバはお断りしています。

拝見させて頂きましたよ。的を得た解説でしたね。^ ^

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

[思い出してあげることが、何よりも故人への供養になる・・」っと
聞いて~今ほっとしたよな~~
みんなは私を~「もうほどほどにしないと~」っと言います
でも私にはそんな事できない~~何十年たっても私逝くまで~変わらない・・・私的な事書いて(*_ _)人ゴメンナサイ ・・・
ちょっと借りて観てみたいと~~
2010-01-28-16:22 * ☆mercian♪ [ 編集 * 投稿 ]

No title

メルさん、そうですか、ご覧になってみますか。^ ^

思い出し方が問題ですよ。
仏様が安心できるように明るく思い出してあげてな。そう思われるでしょ。^ ^
2010-01-28-19:03 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

私も、ごく親しかった友人をふたり、亡くした経験があります。
私自身の人生にも影響した出来事だったので、あれから何年・・・と、ときどき数えていますよ。

世界の終わりが来るとしたら、不治の病に冒されたら、何度かそんなことを考えた事がありますが、結論は、慌てて何をするでもなく、家族と普通の生活をしながら、その日を迎えたい、ということでした。でもそのためには普段から、毎日をていねいに、すべてを慈しんで生きていることが大切ですよね。
2010-01-29-07:43 * 胡蝶の夢 [ 編集 * 投稿 ]

No title

胡蝶さんもお友達を亡くしていたのですね。レクイエムの記事も覚えていますよ。

友人を想うと淋しいものですが、できるだけ明るく想い出してあげようと思います。

まったく仰るとおりかと、ご賛同いたします。^ ^
毎日を大切に生きていきたいと思いますね。^ ^
2010-01-29-18:07 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

私も見ました。
いい映画でした。
JUNさんの思い出は切ない思い出ですね。

そう!きっと野山を黙々と満喫するのでしょうね^^

カーターが家族のために犠牲にしていたこと(愛しているから出来たことですが)を思うと・・・
夫もいろいろ我慢しているのだろう・と、気づかされた作品でした。
2010-01-31-12:51 * 碧 [ 編集 * 投稿 ]

No title

碧さんもご覧になりましたか。^ ^
最近には珍しい良い映画でいろいろと考えさせられました。

そうですか、そんな風に思われたら、ご主人さんはお幸せですよ。^ ^
2010-01-31-20:28 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

これも観たかった映画です^^
でもまだ観ていないのでJUNさんの解説は読まないでおきます^^
こういう味わいのある方がいいのよくわかりますよ。でもわたしはいろんなのが見たいのもあって^^
いつか観たらまたおじゃましま~す♪
2010-02-05-01:12 * きたのこみち [ 編集 * 投稿 ]

No title

あ、私も観ましたよ。
父を亡くしてから、あまり経っていなかったので、切なかったです。
いい映画でしたね。。。♪
2010-02-09-13:15 * 紫桜 [ 編集 * 投稿 ]

No title

こみちさん、では、ビデオレンタルででもご覧下さいね。^ ^
2010-02-09-23:37 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

紫桜さん、ご覧になってましたか。男同士の友情は楽しくもあり、時に深い悲しみの共有もありですね。^ ^
2010-02-09-23:40 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

JUNさん!いつもありがとう~
この映画は知ってましたが
DVDビデオを購入したのですか?

気に成っていたので・・
これから郵便局に行くのでレンタル探してこようかな
2010-02-15-10:37 * モス [ 編集 * 投稿 ]

No title

モスさん、僕はお気に入りの映画はレンタルよりもDVDを購入することにしています。^ ^

レンタルできると良いですね。ぜひ、ご覧下さいませ。^ ^
2010-02-15-21:26 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

わたしは女性ですけど、この映画よかったです。トラバさせてくださいね。ぽち!
2010-03-02-23:15 * 道 [ 編集 * 投稿 ]

No title

すみません。トラバできませんでした!!よかったら、読んでくださいね。
http://blogs.yahoo.co.jp/sybhc579/trackback/1242928/59590892
2010-03-02-23:19 * 道 [ 編集 * 投稿 ]

No title

道さん、ようこそおこし下さいました。^ ^

この映画お気に召しましたか。^ ^
2010-03-03-19:01 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]

No title

道さん、トラバはお断りしています。

拝見させて頂きましたよ。的を得た解説でしたね。^ ^
2010-03-03-19:02 * Jun ☆彡 [ 編集 * 投稿 ]